CONCEPT コンセプト

人々の未来の園となる浦和美園

ここには未来があり、未来があるからこそ人は未来を求めて集う。

人が集まって住まいができ、住まいが集まって街ができ、街はさらなる進化へとますます歩調を速めている。
大切な友や仲間、そして愛しむ家族とより豊かな人生を育むことのできる浦和美園という街。

この街の明日を見晴らし、自らの人生が理想的に満ち足りてゆく邸宅。
そのような矜持をもって、果てなき可能性がちりばめられている。
人々の未来の園へ。暮らす方の輝かしい人生の軌跡を綴る。

浦和美園は、みらいにつながっている

「浦和美園」駅は東京メトロ南北線に乗り入れる埼玉高速鉄道の始発駅。そのレールアクセスは日本を動かす首都の中央部を駆け抜け、「横浜みなとみらい21」のある神奈川県下最大都市へと結ばれています。

この一帯はウォーターフロント都市再開発として建設されている街で、1983年に事業として着工され、現在では横浜市における都心(ツインコア)のひとつである横浜都心にまで成長を遂げました。もとは造船所・貨物支線・操車場・埠頭などがあった場所が、今では世界に誇るビッグインテリジェントシティに。

浦和美園エリアも「みそのウイングシティ」として、さいたま市の副都心にふさわしい魅力ある新市街地の整備が進行中。かつての「横浜みなとみらい21」と同様に、未来へと歩みつづけるこの街の将来性に大きな期待が寄せられています。

解放感に恵まれる、広がりある暮らし

「浦和美園」駅から緩やかな坂道をのぼりきった先にあり、この地ならではの伸びやかな開放性に包まれています。

駅やイオンモールを身近にしながらも、その喧噪は届かず、静謐で穏やかな空気感だけが周囲を満たしています。この場所から、街並の進化の過程を見晴らしながら暮らすことができます。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。